2010年12月06日

耳は広く、目は的に

 今日、異業種交流会にて、他人から受けた質問に答える際、咄嗟に出た言葉。
 自分の目標達成に役立つ情報がいつ引っかかるかなんて分からない。耳は、常に情報収集に貪欲であらねばならない。一方で、目的から大きく外れたことに労力を割いていてはいつまでも経っても到達しない。目は、常に目標を見つめて、誤った方向に進まないようにせねばならない。
 これが大事を成す者の姿勢だと思う。
posted by 角田 健治 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 語録 〜資本の部〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

運命的な出会いってあると思う?

ある人が尋ねた。
「運命的な出会いってあると思う?」

ある人が答えた。
「自分がそこから何かを得ようとしさえすれば、全ての出会いが運命的な出会いになる。例え、一瞬、すれ違っただけだとしても。」
posted by 角田 健治 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 語録 〜資本の部〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。